POSTMAN体験談

清水 裕子さん

昔から国際ボランティアに参加したいと思っていましたが、自ら行動する機会もなく、海外へ訪れるときはいつも観光目的でした。

今回もカンボジアのプノンペン、そしてシェムリアップに旅行へ行こうと考えていた頃、友人から「カンボジアに行くんだったら協力してもらえたら嬉しい」と POSTMANの話を聞きました。

観光目的だったので、雨季が明けてから...と思っていたのですが、私の中で目的が逆転したので、すぐさまカンボジアへ飛び立ちました。

子供たちの笑顔が見たい!
ただ素直にその気持ちだけでした。

私にも笑顔をみせてくれるのか、少し心配ではありましたが、想いは伝わると信じて 全力でクメール語で挨拶して飛び込みました!

いとも簡単に私を受け入れてくれた子供たち...
この子達って愛されてるんだなーって感じました。
まだまだ物資は足りてなくとも施設の方をはじめ、近所の大人たち色々な訪問者さんからたくさんの愛をもらってる。
そんなキラキラな笑顔だと思いました。

与える愛も大事だけれど無邪気な子供たちの笑顔を見ていたら
愛される自分になる大切さ、その意識が足りなくなっていた自分に気が付きました。

自らが愛情不足だったり、満たされていなければ、人の為を考える事が出来ないと思うから。

これから私が日本にいても出来る大切なボランティアとは
いつでも人に愛を与えることが出来るように、愛される自分であれるよう自分自身が一生懸命に生きること。
そしてたくさん愛を充電して、また届けに行きたいと思います。
きっかけをくれた友人に感謝。
参加させて頂き、ありがとうございました。

‚P (2).jpg
‚Q.jpg
‚R (2).jpg
‚S (2).jpg
P7171351.JPG

​体験談