IMG_1944.jpg
無題 - ペイント 2020-09-20 16.07.15.png

家に

ある物を

​寄付する

まだまだ使用できる文房具、

ランドセルなどの不用品...

ご家庭やオフィス、学校に余っていませんか?

NPO JIYUではその不用品を再利用・活用させて頂くために全国の皆様から寄付して頂いております。

「使わないけど、捨てられない。」そんな思い出の品を、今まさに必要としている子ども達のもとに皆様の思いと共に届けております。

日本では卒業して使わなくなったランドセルを大切にとっておいている方が約70%という統計がでています。

思い出の品を必要な誰かのもとに届けてみませんか?

IMG_1994.jpg
CIMG0575.jpg
TOP2.jpg
S__20733980.jpg
S__20733983.jpg
200831_juray_JFE012.jpg
IMG_0053.JPG

現地では「高級な革で作られた丈夫なバッグ」として認識されており、現地の子ども達には手の届かないものです。

実際、アジアの中心地では中古品が約1万円で売られているなど現地の一般家庭の経済状況では簡単に買えるものではありません。

現地では「高級な革で作られた丈夫なバッグ」として認識されており

現地の子ども達には手の届かないものです。

実際、アジアの中心地では中古品が約1万円で売られているなど

現地の一般家庭の経済状況では簡単に買えるものではありません。

IMG_0005(1).jpg

JIYUが文房具・ランドセル・学用品を

現地への郵送は行っておりません! 全て現地での手渡しで届けております!
 

手渡しにこだわる理由は、「想いも」手渡しで届けたいという事と、輸送コストの問題があります。
 

現地への輸送費は、コンテナ一つでおおよそ20万円という大きなお金がかかります。
 

これでは、現地にその20万円を届けた方が良い事になってしまい本末転倒になってしまいます。

JIYUが文房具・ランドセル・学用品を現地に直接届ける理由

現地に直接届ける理由

JIYUが文房具・ランドセル・学用品を現地に直接届ける理由

 

現地への郵送は行っておりません! 全て現地での手渡しで届けております!
 

手渡しにこだわる理由は、「想いも」手渡しで届けたいという事と、輸送コストの問題があります。
 

現地への輸送費は、コンテナ一つでおおよそ20万円という大きなお金がかかります。
 

これでは、現地にその20万円を届けた方が良い事になってしまい本末転倒になってしまいます。

学用品が現地に届くまでの流れ

1 皆様から文房具・ランドセル・不用品のお預かり

文房具・ランドセル・ピアニカ・縄跳び・リコーダーなど学用品はお預かりさせていただき現地に直接届けてます。

学用品以外のリサイクルできる不用品は寄付金に換金させていただき全額を現地に寄付させていただきます。

2 文房具(学用品)の仕分け ・ リサイクル品(学用品以外)を寄付金に換金

お預かりした文房具は、当団体で定期的に開催する「文房具仕分イベント」にてボランティアスタッフが種類別に分けたり、1本1本使用可能かどうか等、全てもう一度、確認作業を行っております。

​その他のリサイクル品については現地の学用品を買う為の寄付金に換金します。

 

※換金詳細は下部のPOINT2でご確認ください。

3 倉庫にて保管

必要な物を現地に運ぶ「POSTMAN」や、「海上輸送協力企業」にお預け出来るように段ボールに詰め合わせます。

​※POSTMAN・海上輸送の詳細については下部のPOINT1でご確認ください。

4 POSTMAN/海外輸送協力企業へ受け渡し

箱詰めされた学用品は海外旅行が決まったPOSTMANに茨城県の倉庫か空港で受け渡しをします。

また、海上無償輸送協力企業への受け渡しも行っており、この場合は現地の港からカウンターパートナーのNGOに学校や施設に届けてもらう手配をいたします。

5 海外旅行と共に現地の子ども達へ!

寄付いただいた文房具などは郵送ではなく、JIYUスタッフ・POSTMANが直接現地へ届けております。

他NGO・NPO団体の皆様、学生団体・サークル旅行、個人旅行・現地で働いている皆様も、自由時間を使って無償で参加していただくことができます。

200831_juray_JFE007.jpg
200901_juray_JFE_020.jpg
IMG_2971_edited.jpg

他の不用品回収団体と違う大きな​POINT

POINT 1 現地までの輸送コストを

2つの無償協力によりカットしています。

当団体は、(株)Japan Grace様、JFE物流(株)様に「海上輸送を無償協力」して頂いております。

また、旅行者・駐在員・現地視察などで海外に行く方に「POSTMAN」という当団体のハンドキャリーで「航空輸送を無償協力」して頂いております。

POINT 2  非営利団体だから可能な

「寄付品・寄付金」の透明性と開示義務

 

当団体は、ボランティア活動を行うための団体であり、営利目的の活動は一切しておりません。

​役員・スタッフは無報酬・自費で活動しております。

​人件費は「アルバイトスタッフ・インター生」に少額発生する時がありますが、最下部に常に公表しています。

学用品以外の不用品は倉庫保管協力企業:(株)樹来様のリサイクルショップの通常の買取りルールと同じ金額で買取りをして頂いております。

​※買取価格はコチラで確認できます。

また記載がない不用品でも事前に買取価格を確認する事も出来ます。

TEL:029-871-7745 お宝鑑定館内リサイクル品(担当 内山)

買取価格は全額現地に寄付させて頂き、当団体の運営費には一切使用いたしません。

団体の収支・事前報告・寄付は公表しておりますので、詳細はこちらをご覧下さい。

他団体の場合は主に営利団体の

「リサイクルショップが運営」しています。

そのような団体のホームページには「リサイクル品の買取り金額の一部を寄付」という説明の記載がありますが、買取金額が不明、何%を寄付に充てているのか?どれだけの学用品を現地に郵送しているのか?記載や報告がほとんどなく不透明です。

寄付品やリサイクル品を現地に届けるには、郵送業者に莫大なコストを支払って委託しなければなりません。

2014年くらいから上記のような団体が増えてきて当団体の寄付が減少しました。減少した「ランドセルや文房具」の量を考えると「仕分けして保管して現地に郵送する事」を本当に営利団体のCSR活動で出来る範囲なのか? 長年プロジェクトを運営してきて疑問に感じます。

 

Step.1 まずは寄付される不用品をご準備下さい ※使用可能な物に限ります

文房具

ランドセル

リサイクル品

文房具をお送り頂く方は、上記「」に該当するするものをなるべく1つはお入れ頂くことをお願いしております。

Step.2 寄付金をご入金ください

物資をお送り頂く際には、段ボール1箱につき1000円以上の寄付をお願いしております。

​寄付金をご入金頂けない場合は、運営に支障が出ますので寄付をお断りしております。

何卒ご理解下さい(例 2箱で2,000円以上、5箱で5,000円以上となります)

​3000円以上のご寄付を頂いた方には
感謝状をお送りしております。

Step.3 下記の寄付申込フォームボタンからお申し込みのうえ、不用品をお送りください

​送り先は茨城県竜ケ崎市になり、詳しい住所はフォームから申込みすると表示されます。

まだ使える不用品を子供達にお送りください!

DSC_4712.jpg

寄付申込の流れ

13711693_1479745218709639_1162098298_o_e

コチラではご寄付して頂いた方の一部のみ掲載させていただいておりますが、ブログの方では全ての方をご紹介させていただいております。

Personal

中野恭平様 

Kyouhei Nakano

昔からゲームが大好きで、ソフトをたくさん買ってはプレイしていました。しかし、最近は仕事が忙しくなり、楽しむ時間を取れなくなったので

Personal

田口まり香様 

Marika Taguti

コロナ禍で家にいる時間も増え、こんな時だからこそと思って家の大掃除をしました。

​小さい頃に大事にしていたぬ

​Business

合同会社こころ様 

​Goudougaisyakokoro

会社のSDGsの企画で、自宅にある不用品をリサイクルとして役立てようということで、今回寄付させて頂きます。

Business

株式会社長坂養蜂場様 

Kabusikigaisya Nagasakayouhoujo

今回、会社で不要な文房具があったことから、こちらの活動をサイトで知り、スタッフと一緒に自宅の不要な文房具も加えさせていただくことに

School

西尾市立鶴城中学校様 

Nisiosiritu  turusirotyuugakkou

鶴城中学校の生徒会活動の一環として、文房具ボランティアを実施しました。ペンなどについては、色が出るかどうかは、確認済みです。

Personal

山下藍様 

Ai Yamashita

私が小学生のときから大切に集めてきた文房具たちです。もったいなくて使えないまま大人になってしまいました。ノートや鉛筆の他に、下敷き

Personal

山田祐輔様 

Yusuke Yamada

宮崎大学救命救急センターでボールペンと寄付金を募集し送ります。

法人参加にすると各方面に許可が必要なため個人として贈

School

つくば市立竹園東中学校様 

Tukubasiritu  takezonohigasityuugakkou

9年生(小中一貫校の中学校3年生)での平和学習の取り組みの最後に、文具を寄付する活動ができないかと実行委員で話し合い、NGO時遊人様

Business

トヨタ部品北海道共販株式社様 

Toyotabuhin hokkaidoukyouhan kabusikigaisya

今年も文房具を贈る事ができました。皆さんのお役に立てる事が楽しみです。
年に一度ですが、今後も継続して活動できればと思います

Personal

真央様 

Mao

私は、母の知人の方を通じて『ランドセルボランティア』の存在を知り、協力させて頂きました。

元々、海外に興味があり、世界の子ども達のため

Personal

土光政徳様 

Masanori Tsutimitsu

海外支援を一緒にしてる友達が、僕の店に飲みに来た時。 一緒にいたのが みちよちゃん でした。

みちよちゃんが ランドセルを海外へ送ってる話

​Personal

飯田珠紀様 

Tamaki Iida

以前から、ランドセル寄付をしている団体があったのは知っていましたが、なかなか行動に移せなかったのが現状でした。

当団体では、現地の子供達に文房具を届けてくれる「POSTMAN」も募集しています。

POSTMANとして現地まで届けてみたい方は、

こちらをご覧下さい。

Personal

小西さやか様 

​Sayaka Konisi

時遊人スタッフと一緒にベトナムのロックアン小学校へツアー同行しました。今回はボランティアの合間で楽しんだハロン湾観光について書かせていただきます!~乗車編~

Personal

小野健太様 

​Kenta Ono

ハノイから車で4時間~5時間と離れた山の奥にもしっかりと学校があり、割としっかりと整っていることに驚きを感じました。  

今回初めて時遊人のボランテ

Personal

清水裕子様 

​Yuuko Simizu

昔から国際ボランティアに参加したいと思っていましたが、自ら行動する機会もなく、海外へ訪れるときはいつも観光目的でした。今回もカンボジアのプノンペン、そし

20170221_200508_0702_edited.jpg
20170222_200508_0394_edited.jpg

NPO法人JIYU

当団体は役員、ボランティアスタッフは全て無報酬で運営しております。

TEL:050-5445-2511(受付時間 11:00~18:00

​Mail:info@jiyu-jin.org 土・日・祝日はメール対応のみとなります。

また、その他「アルバイト・インターン生の2020年度人件費合計は0円になります」

​なお宗教活動や政治活動には一切関わりがありません。

また、どのような宗教・政党・国家にも支援をしておりません。

Copyright@ NPO法人 JIYU ALL Right Reseved.